付下げとは何か知りたい

着物というのは一見どれも同じように見えますが、実は様々な種類があります。

今回取り上げる付け下げという着物は様々な場面で着用可能で最低1着は持っていたい着物でもあります。

付け下げとは?

付け下げは反物で、着た時に全て上向きになる柄に縫い目がかからないように染めてある着物のことを指し、未婚既婚関係なく巡礼装として着用できます。

柄は小さめで落ち着いているものから、華やかで箔をふんだんに使用しているものまであるため、結婚式などのフォーマルは場面でも、パーティーなどお出かけ程度の場面でも着用することができます。

そのため一着持っていると様々な場面で着ることができる便利な着物です。

カジュアルな場面で着る場合

街にお出かけしに行くという場合は、小さめな柄が描かれており落ち着いた色合いの付け下げを選ぶと良いでしょう。

色合いはベージュや薄緑などの淡い色を、柄は小さい花が描かれたものを着るとフォーマルすぎない軽めの印象になるので、街中でも気軽に歩き回ることができます。

フォーマルな場面で着る場合

付け下げは訪問着と同格であるため、結婚式などで格式高い着物として着用でき、また紋付きであれば格はさらに上がります。

フォーマルな場面で付け下げを着る際には、華やかな柄で金箔や金糸などを使用した豪華なものを選ぶと良いでしょう。

付け下げと似ている訪問着との違い

付け下げは訪問着とよく似ており、その違いがよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし付け下げと訪問着には見分け方があり、これを押さえておけばどちらかわからなくて困ったときに助かります。

付下げと訪問着の見分け方

  1. 状態

    付け下げは上記のように反物のままの状態であるのに対し、訪問着は着物の状態である仮絵羽であることが多いです。つまり反物であれば付け下げ、着物の形であれば訪問着と見分けられます。

  2. 付け下げは反物であるため、柄が縫い目にかかっておらず比較的小さめで肩の方に上向きなのに対し、訪問着は柄が着物全体にかけて描かれています。そもそも付け下げの柄は贅沢が禁止・自粛されていた戦時中に、華やかな訪問着の代わりとして考案されました。その際付け下げの柄は反物の状態で柄付けができるように、縫い目で柄がつながらないようになり、訪問着よりもデザインがシンプルになりました。柄で区別する時には縫い目に注目してみてください。